低金利でキャッシングできる金融機関とは

キャッシングできる金融機関には消費者金融と銀行カードローンがあります。
各社の金利を表で見比べてみると、基本的には銀行カードローンの方が低金利でキャッシングできることがわかります。

カードローン名金利
新生銀行カードローン レイク4.5%~18.0%
みずほ銀行カードローン3.5%〜14.0%
三井住友銀行カードローン4.0%〜14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8%〜14.6%
オリックス銀行カードローン3.0%〜17.8%
アコム3.0%〜18.0%
モビット3.0%〜18.0%

金利を比較
銀行の方が低金利でキャッシングできる理由としては、自社のお金を貸付に充てることができるため、金利を抑えてお金を貸せるからというのが一つの理由です。
もう一つは、保証会社として別会社がついているため、万が一返済してもらえなくても保証会社が保証してくれるからという理由です。
消費者金融は銀行から借りたお金を貸付に充てているために、その分を貸付での金利に上乗せしなければならず、別会社が保証会社としてついているわけではないので返済してもらえなければ損をしてしまうため、金利を下げることができません。

金利を抑えたいときにチェックしたいポイント

上限金利

どの金融機関でも、金利は下限金利~上限金利という形で書かれています。
これは利用限度額によって金利が変わってくるため金利に幅が出てくるからで、例えば金利が3.0%~17.8%の銀行では利用限度額が100万円未満の場合は金利12.0%~17.8%、
利用限度額が700万円越~800万円以下の場合は3.0%~4.8%と利用限度額によって金利が大きく変わってきます。
例でもわかるように、利用限度額が大きいと下限金利が適用されますが利用限度額が小さいと上限金利が適用されるため、金融機関の金利の見比べをする時は上限金利を比較していくのが確実です。

無利息期間

無利息期間は30日など無利息になる期間を設けてもらえるというもので、消費者金融で多く行われているものですが、銀行でも行っている会社があります。
期間を過ぎた場合も無利息期間を利用した場合の方が、普通にキャッシングするよりも払う利息を抑えることができる可能性もあります。
利用するためには各社細かな条件がありますが、基本的にはじめての利用であれば無利息期間を利用することができるので、対象者は書かれている金利だけでなく無利息期間を利用した場合の返済計画を考え、金利を見比べるのがポイントです。
専業主婦でも即日借りられるカードローン会社を利用することで申込当日に借りることができます。
キャッシング前に金利を見比べておくことで総返済額を抑えることができます。